トップ > 代表の紹介

代表の紹介

こんなポリシーで香り創りを行っています。

小さい頃の思い出

小さい頃、私の田舎では稲刈りが終わると、脱穀されたワラが田圃のなかに山のように積み上げられていました。

学校帰りの子供たちがそのワラの山に登って遊ぶ光景は晩秋の風物詩でした。私も擦り傷を作りながらワラの山に登って遊んだものです。ワラ山に寝そべり高く突き抜けた青い秋空を仰ぎ見ていたことは楽しい思い出のひとコマです。


一番ホッとする香りとは

ワラの香りはいまでも脳の後ろの方にくすぶっていて記憶とともに思い出すことができます。これがヨーロッパ人なら干し草の香りでしょうか。人それぞれが自分の生まれ育った環境とともに懐かしい香りを記憶しています。

それは庭先の金木犀だったり、お母さんの定番の料理メニューだったり、お母さんそのものの香りだったり、それはもういろいろな香りです。自分の一番ホッとする安心できる香りかも知れません。

人は大きくなっても無意識に心が安らぐ香りを探しているようです。ふと、街角で沈丁花の香りに出会うと、それは「よい香り」というより「うまく言えないけど、この香り!」と、なにか生まれるずっと前から自分のDNAに刻まれていたかのような「ああ、これは探していた香り」という気持ちでいっぱいになります。

香水のトレンド

香水にもトレンドや流行があります。刺激的でスタイリッシュ、官能的で甘美な香水、自然界にない未体験で新鮮な香水など、新素材の香料を使用した香水など、次々に新しい香りと香水が作られ私たちの生活にバラエティを与えてくれます。

こんな香水を創りたい

それはそれで高い感性と技術力のたまものです。しかし、私たちの目指す香水はどちらかというと「なにか、どこか、うまく言えないけど、懐かしさのある香り」。

生活に密着し生活と共に香る香りかもしれません。お料理の香り、室内の木の香り、庭先の土の香り、ベランダの花、家族の元気のある香り(人にも香りがあるんですね・・・)そんな生活の香りにしっとりマッチして、生活に彩を差してくれる香り、私たちはそんな香水を創りお届けすることを目指しています。

history ●原田 知子
・2017年 武蔵野ワークス代表として活動中
・1996年 武蔵野ワークス設立
・1995年 同校インストラクター
・1995年 ミヤ・フレグランス・スクールにてフレグランス・デザイナー
・1989年 ロイター・ジャパン(株)